うつ病だと感じたら、すぐに病院へ行って治療しましょう。

種類を知る

治療法の種類はどのようなものか

うつ病の治療方法には多々種類があります。基本的にうつ病の原因は精神的・身体的ストレスなので、まず一番大切なのは心も体もしっかり休めることです。それを大前提として治療を行っていきます。 まずは、投薬治療です。抗うつ薬を使うことでうつ状態を抑え、患者さんの不安を軽くする治療法です。 次に、「認知行動療法」といった精神療法です。まずは、患者さんのうつ病によるネガティブな考え方を医師やカウンセラーによるカウンセリングによって柔軟でプラス思考な考え方に持っていくという治療法です。 基本的にうつ病の治療はこれらの治療法をメインに行っていくものです。治療費の相場としては、うつ病は基本的に治療期間は人によって差があり、定まっているものではないので基準としては曖昧ですが、8000円〜15000円が相場といったところでしょう。

新たに出現し続ける新型うつ病

時代の流れに合わせ、うつ病も年々新しいタイプが出現しています。近頃でゆとり世代と言われる若手社員の間で流行っている新型うつ病がその例です。 これは、会社などでは気分が沈んで仕事にも影響が出たりするのにも関わらず、飲み会や遊びには出かけたり、SNSに書き込んだりすることはできるといった内容のものです。このうつ病は、うつ病患者によくある「自分が悪い」という考えが強いといったものではなく、むしろ、「自分は悪くない、相手が悪い」といった考え方が強いのが特徴です。 ゆとり世代ということで、ゆとり世代は甘ったれていて社会をなめていると上司に誤解されやすく、なかなか周りからの理解を得ることが出来ないのがこの新型うつの難点です。